UVレジンクラフトの清原を調べてみました

resin

清原(KIYOHARA)という会社とは?

この漢字だけを見るとどういう会社なんだろうと疑問に思ってしまいますよね。こちらは服飾資材の商社となっており、大きくはアパレル関連事業とホビークラフト関連事業との2つに分かれて販売・輸入している会社です。レジンとの関わりは、このホビークラフト部門ということになりますので、今回はホビークラフト関連を詳しくご紹介してまいります。

清原(KIYOHARA)のコンセプトは?

清原(KIYOHARA)のコンセプトは何でしょうか。女性のために、「手作り」の生活を楽しんでもらいたい、「手作り」が持っているぬくもりを感じてほしいというものでした。個人的な意見ですが、普段の何気ない生活の中に、手作りの趣味をいかに楽しんでもらうかを常に研究されている会社であると感じました。

会社のHPには、清原(KIYOHARA)のプライドとして、5つの特徴・強みが掲載されています。ちなみにですが、5つというのは商品開発力、こだわりの営業、品揃え、システム・物流力、アジアでのネットワークとなっています。中国や韓国など、海外にも拡がっているのですね。自分としては申し訳ないですが、全く知らなかった会社なのですが、「手作り女子」の間では、特にUVレジン液と言えば清原(KIYOHARA)とかなり有名のようです。

清原(KIYOHARA)が扱っている商品は?

では、具体的にどのような商品を取り扱っているのかを見てまいります。レジンを使ってのアクセサリーを作成するのに、必須であるUVレジン液を始めとするUVクラフト商品が充実しています。レジン関連以外でも女性が一目見て喜ぶような、嬉しくなるような、手作りグッズが揃っています。

例えば、フェルトを使ってケーキを作るためのキット、プチケーキなど本当に可愛くて見ているだけで笑顔になります。また、アクセサリーやコサージュなどで作品のセンスを輝かせるパーツ(チャームやコットンコード)やバッグ作りに必要なパーツ(レーザーハンドルや口金)があります。手作り用のバッグアイテムを見ていると、自分にももしかして簡単にバッグが作れるんじゃないかと思ってしまいました。

さて、代表的な商品であるUVレジン液、100均で売られていることを思いますと、こちらの清原(KIYOHARA)のUVレジン液の割高感が否めません。ですが、そのことは品質の良さの証しと言えるかも知れません。ここで少しUVレジン液を使われた方々の声をご紹介します。使いやすい、固まるのが早い、始めてレジンを使ったが充分な量だったと高評価でしたよ。アマゾンなどを利用してより安価に手に入れば、より嬉しいことになりますので是非ご利用下さいませ。

まとめ

ホビークラフトの会社にスポットを当ててご紹介してまいりました。いかがでしたでしょうか。「手作り」が流行っていくということは、こうしたクラフト業界も競争が激しくなることを意味しています。よりニーズに応えた、より使いやすい商品をどんどん開発されることでしょう。価格的にも手作りアクセサリーを作る時に、かなりの量を使うことになるUVレジン液、これから少しでも安価にすることは考えられているのではないかと思います。そのように期待するものであります。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です