自分の鍵の目印に!レジンで作る自分だけのキーホルダー

resin

お家の鍵がカバンの中ですぐに行方不明になってしまう。実家の鍵と自宅の鍵、どっちがどっちだか分からない!そうなることありませんか?そんな時は自分オリジナルのキーホルダーを作りましょう。大きめのモチーフならカバンの中でもすぐに見つかりますし、モチーフを変えればどの鍵がどれなのか、ひと目で分かります。今回はレジンで作る使いやすいキーホルダーを紹介していきたいと思います。

ミール皿で作るキーホルダー

まず紹介するのはミール皿を使ったキーホルダーです。キーホルダーに使うミール皿は装飾の激しいものではなくシンプルなものがいいと思います。カバンでなにかに引っかかって取り出せなくなるかもしれませんからね!形はサークルやスクエア、しずく型と何を使っても可愛いと思います。宇宙塗りが可愛いですが、好きなキャラクターに合わせてデザインしてもいいと思います。家に帰って鍵を開けるのが楽しくなるようなデザインにしましょう。大切なペットの写真をキーホルダーにする方法もあります。ペットの写真を印刷して、ミール皿のくぼみに合わせてカット。上からレジンを盛れば完成です。これでいつでもペットと一緒ですよ!

空枠を使ったキーホルダー

次に紹介するのは空枠を使ったキーホルダー。向こう側が透けるので、透明感のある色で着色したレジンを使うのがオススメです!どこの鍵なのかがわかりやすいように封入するパーツを工夫するといいですよ。自転車の鍵なら自転車のパーツ、家の鍵なら家のパーツ、などなど。海塗りや宇宙塗りが生えるのでオススメです。ラメもキラキラがますのでいいですよ。完成後は裏側も忘れずにレジンを塗りましょう。

シリコンモールドで作るキーホルダー

次に紹介するのはシリコンモールドで作るキーホルダーです。こちらはとにかくパーツやパール、お花を詰め込むとポップでキュートなキーホルダーが完成します。光の通る構造を利用したデザインを楽しみましょう。名前やどこの鍵なのかを英語でフィルムに印刷して封入すると実用性もバッチリです。お子さんのカバンに取り付けるのにもいいですね♪名前を入れるのは少し恥ずかしい、という方はイニシャルモチーフのシリコンモールドを使いましょう。沢山作ってお友達とおそろいにしてもいいですね!

蓄光パウダーを上手に使おう

夜、暗くなってからお家に帰っていざ鍵を開けようと取り出したけど暗くて鍵穴がわからない!そんな時は鍵に蓄光パウダーを使ったキーホルダーを付けておきましょう。蓄光パウダーとは、太陽光や蛍光灯などの光を吸収し、暗いところで光るようになるパウダーです。これをレジンに混ぜてキーホルダーを使えば日中光を吸収し、夜、暗くなったら光るようになります。鍵穴を見失う防止になりますよ。

まとめ

いかがでしたか?今回はレジンで作るキーホルダーを紹介しました。作るのはとても簡単ですが、手作りすると愛着が湧くのでなくしにくくもなると思います。お子さんも喜ぶこと間違いなし!カバンの内側にカニカンを引っ掛けるところを作るととっても便利かも知れません。最近は鍵がない時に音で知らせてくれるものもあるのでそれを一緒に使ってもいいですね♪
それでは良いレジンライフを!

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です