美しい生花のそのままの姿をレジンを使って作品にする方法

押し花

花の命は短くて・・・と申しますが、今は半永久的に長持ちできるブリザードフラワーが人気の高いものとなっていますよね。では、レジンの世界では生のお花をそのまま作品に仕上げることが出来るのでしょうか!?今回は、そのままの生花をそのままの姿で仕上げていく、驚きの方法をご紹介します。

グラスフラワーの作り方~花の乾燥編~

ここからすぐにグラスフラワーと呼ばれている、そのままの生花を使っての美しい作品の作り方です。先ずは、例えばバラの花としますとこのバラの花を乾燥させることから始めましょう。シリカゲルを少しグラスに入れて、一輪のバラの花の部分を入れます。その上から少しずつシリカゲル(粉末)を入れ添えていきます。この時は繊細な作業となります。せっかくの美しい花びらを痛めては残念なことになりますので、ご注意下さいね。グラスの上の方まですっぽり花も隠れてしまうまでシリカゲルを入れましたら、ラップをして輪ゴムなどするとより密封されますね。1週間くらい乾燥させます。

グラスフラワーの作り方~レジン使用編~

グラスはワイングラスなど、部屋に飾るのにお気に入りのものを選んで下さい。さて、乾燥させましたバラの花をそのグラスに入れまして、透明なエポキシレジンを入れていきます。ここではUVレジンではなくエポキシレジンを使用します。くれぐれも注意深く、慎重に、そして量は2、3回に分けて入れていきます。3分の1くらい入れまして、1日置いてレジンを固めます。置く時にはラップをした方が良いでしょう。ほこり防止です。レジン液は少しずつにしますと手間と時間はかかりますが、出来上がりの綺麗度合いに差が出ますよ。

エポキシレジンの使い方

では、先ほどの作り方の中のエポキシレジンの使い方をここでお届けします。UVレジン液はそのままで使えますが、エポキシレジンの場合は、2液を合わせるという作業がいります。主剤と硬化剤と呼ばれる2液です。分量としては、2:1を目安にするとわかりやすいと思います。

今回のグラスフラワーは多めに作っておく必要がありますので、主剤200gですと硬化剤は100gで総量が300gとなります。きっちりとデジタルはかりなどで計りましょう。そして、主剤と硬化剤としっかりと混ぜることが重要です。作品を作られた方の感想では、気泡を気にするよりは混ぜることに重点を置いた方が良いとされていました。気泡が出来ないようにするのは中々難しいそうです。なのでもし気になるかなと思ったら、少し温度を上げるという方法もあります。湯せんしながら混ぜ合わせたという声もありました。お試しになって下さい。

グラスフラワーの注意点

グラスフラワーの置き場所は、窓辺を避けた部屋の内側にしましょう。紫外線の影響によって変色することがあるようですので、くれぐれもお気をつけて下さいませ。そして、ブリザードフラワーではありませんので、半永久とはいきません。数日か数か月かで色が褪せてしまう可能性は高いんだということを頭に入れて置いて下さい。

まとめ

グラスを使っての作品というのはいろいろありますが、カクテルグラスなどにこうして生花をレジンで固めながら作って行く方法は何てステキなんだろうと感激しました。写真のように上の部分はそのまま残すというのも美しいですね。そこはオリジナルワールドを築き上げて下さいませ。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です