素敵なレジンアクセサリーをシリコン型を使って手作りしてみよう!

レジンアクセサリー、耳にしたことがある方も多いと思います。そもそもレジンってなんだろう?あの透明なアクセサリーを自分で作れるの!?そう思っている方も多いはず。今回はレジンとはなんなのかと、レジンで作るアクセサリー作り方の一例を紹介したいと思います。

レジンってそもそもなんだろう?

レジンとは、硬化樹脂という合成樹脂の一種です。透明な樹脂で、色をつけたりラメを加えたり、パーツを封入したりと様々なアレンジを施すことができます。

レジンの種類

レジンには以下の二種類あります。
1、UVレジン:UVレジンとは、UV、つまり紫外線で硬化するレジンです。表面のコーティングなどに使うことができます。
2、2液レジン:2液レジンとは、主剤、硬化剤という2種類の液を混ぜ合わせることで硬化するレジンです。分厚い、もしくは大きなものを閉じ込めたり作ったりすることに使うことができます。

UVレジンの使い方

UVレジンは紫外線で固まるレジンです。コーティングしたいものに少し垂らして爪楊枝などで伸ばす、もしくは固めたいものを枠や型に入れてレジンを流し入れます。その後UVランプや太陽光で硬化させて取り出します。UVレジンの基本はこれだけです。初心者向きで扱いやすいです。

2液レジンの使い方

2液レジンは主剤と硬化剤を混ぜて固まるレジンです。主剤、硬化剤をそれぞれ規定の量、量りとって混ぜ合わせます。型にパーツやビーズ等を入れ、レジンを流し込んで1日程度放置して硬化させます。量ったり、流したりにコツがいるためある程度レジンになれた人向けです。

レジンってどこで買えるの?

レジンは最近は100円均一で販売されています。ダイソー、セリア、キャンドゥなどなどそれぞれに特徴のある商品が販売されています。100円均一商品は少し量が少ないため、大容量のものを購入したい時は手芸屋さんで25gや50gのレジンが販売されています。また、ネット通販の手芸ショップでも購入できるので自分にあったものを購入しましょう。

レジンで作るかんたんネックレス

レジンで作る簡単なネックレスを紹介したいと思います。
1、折り紙を好きな形に切る
折り紙を好きな形に切ります。大きさは3cm角くらいが扱いやすいです。形は本当に好きな形でOKです。ハートや星、リボンなど、好きな色で好きな形に切りましょう。中は抜かないほうがいいです。
2、穴を開ける
切ったものに縫い針やヘアピンなどで穴を開けそこに丸カンを通しておきます。リボンなら端っこ2箇所に、ハートや星なら真ん中上部に1箇所に開ければいいでしょう。
3、レジンでコーティングする
丸カンを上手に避けながらまず表にレジンを塗りましょう。爪楊枝を使うと細かいところも塗り広げやすいですよ!塗り広げられたらUVランプ、もしくは太陽光で硬化させましょう。硬化したら今度は裏側に同様にレジンを塗り広げて硬化しましょう。
4、ネックレスチェーンを取り付ける
硬化が終わったらマルカンにネックレスチェーンを取り付けて完成です!どうですか?簡単でしょう?

まとめ

いかがでしたか?レジンのアクセサリーって難しそうと身構えてしまうかもしれませんか意外と簡単に作れるんですよ!これを機にレジンアクセサリー作りに挑戦してみてはいかがでしょうか!
それでは良いレジンライフを!

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です