メーカー販売中止になった無印良品のレジン代用型、入手法は?

resin

レジンクラフトには無印良品のシリコーントレーが便利だと聞いたことはありませんか?しかしこのシリコーントレー実は現在入手できないことをご存知でしょうか。今回はシリコーントレーについてと入手法についてお話していきたいと思います。

無印良品のシリコーントレー

無印良品のシリコーントレーについてお話します。無印良品のシリコーントレーは、合成樹脂の一種であるシリコンでできている氷を作るためのトレーです。半球や円柱、キューブや宝石型などさまざまな形があります。中でも人気なのが半球状のシリコーントレーです。
このシリコーントレーはレジンビー玉を作るのにとても適していて、シリコンが柔らかく硬化させたレジンを取り出すのが容易なため、たくさんの人からの人気を集めていたのですが、現在、無印良品では生産中止となっており、店頭でも無印公式のネットショップでも取り扱いがありません。2012年に一度だけ数量限定で再版されたようですが現在、再版の予定もないようです。

オークションサイトで手に入れるシリコーントレー

ではどうやって取り扱い中止になっているシリコーントレーを手に入れるか、です。一番現実的に手に入るのはオークションサイトやフリマサイトです。昔購入していて販売中止になりそれでも人気があるため、使わないという方たちによって出品されています。無印良品のシリコーントレーは半球ですと1つの型でかなりの数の半球を作ることができます。ですので1つのトレーを4つから8つに切り分けて販売している方が多いようです。

シリコーントレーの値段は…

オークションサイトで販売されているシリコーントレーの値段、これも大切ですよね。ちなみに無印良品での定価は800円です。オークションサイトではなんと平均2200円!もちろん1つで、です。定価の約3倍ですね。人気の商品ですからこれくらいしてしまうのも無理はないのかもしれません。また、小さく切っているものの値段ですと、4つに切り分けられたものは500円前後で販売されています。

オークションで購入すると高いのか

ちょっと高いかもしれない、と思う方もるかもしれませんがよく考えてみましょう。一般的に手芸店などで販売されている半球のシリコンモールドってだいたい1000円はしますよね。しかも半球が4つくらいしか作れません。そう考えればオークションサイトで購入してもお安いと感じるかもしれませんね。
それでももちろん、無印良品で販売されていたときの定価よりは高いのでどうしても必要なものなのかはよく考えてから購入しましょう。

まとめ

いかがでしたか?現在店舗でもネットでも販売がされていない無印良品の半球シリコーントレー。もしもおうちにある方はぜひ使ってみてください。持っていない方はオークションサイトで購入を検討してみてください。一度使えばこのシリコーントレーの使いやすさに魅了されるはずです。ただ、あまりにも法外な値段で販売しているものには注意してくださいね!いつかまた再版されるように無印良品に再販のお願いをしてみるのもいいと思います。ただしあまり迷惑にならないよう、ちゃんと礼儀作法を守ったメッセージを送りましょうね。
それでは良いレジンライフを!

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です