海の中の癒しクラゲレジン。必要なものと作り方を徹底解説

resin

クラゲを見たことはありますか?刺されていたい思いをした!という方もいるかもしれません。水族館でクラゲを見ると、ふよふよと漂うその姿はずっと見ていられるほど綺麗で、優雅で、癒されます。そんなクラゲを持ち歩いてみませんか?ちょっと疲れてしまった時やストレスがたまっているな、というときにクラゲ入りレジンをお家に飾っておけば水族館まではいけないけれど癒しを得ることができます。今回はレジンで作るクラゲ水晶の作り方を紹介したいと思います。

用意するもの

・UVレジン(ハード)
・UVライト(太陽光でも可)
・クラゲのシール(背景が透明なもの、ネイルシールがオススメです)
・青色顔料
・鉱石型のシリコンモールド
・ガラスやクラッシュシェルなどの封入したいもの
・つまようじ
・カッター
・研磨用のやすりなど

作り方

1.鉱石型のモールドにレジンを半分入れて硬化させます。
2.クラゲのシールをレジンに貼り付けます。好きなだけ貼り付けてもいいですが、モールドの側面近くにシールが来ると、上の層と下の層のレジンが分離する原因となるので注意してください。
3.レジンを少し入れてつまようじで広げ、硬化します。
4.ガラスやクラッシュシェルを乗せ、レジンを入れて硬化します。硬化したららモールドから溢れない程度にレジンを入れて硬化し、モールドから取り出します。
5.鉱石型のモールドに色をつけたレジンを入れます。青色に着色したレジンを海に見立てて流し込みましょう。
6.レジンを硬化させたら、モールドから少し溢れる程度にレジンを加え、先に作った鉱石レジン(クラゲシールを入れた方)をピッタリと重ねて硬化させます。
7.レジンが硬化したらモールドから取り出し、バリ取りをします。カッターを使って少しずつ削り取りましょう。この時怪我には気をつけてくださいね。
8.バリ取りが終わったら研磨をして完成です。

綺麗に作るコツ

綺麗に作るコツはバリをしっかりとって、根気強く研磨をすることです。ツヤツヤピカピカにすると本物の水晶のような輝きになります。少しお手軽にツヤツヤにしたい方は、軽く研磨した後レジンを筆で塗って硬化するとツヤツヤになりますよ!

アレンジ

アレンジとして、鉱石だけじゃなく、半球モールドで作成しても可愛いと思います。鉱石型だと、アクセサリーよりもお家に飾る方がいいかもしれませんが、半球だと、セッティングにドッキングしてペンダントにもできると思います!半球なら、クラゲを入れたあと、着色したレジンを流すか、ドッキングするセッティングに青色の絵の具を塗っておくといいと思います。また、海側の鉱石部分、クラゲ側の鉱石部分どちらも、ラメを入れると綺麗ですよ!

まとめ

いかがでしたか?今回は海の癒し生物、クラゲを使った水晶を作りました。作り方はとっても簡単なので挑戦してみてくださいね。沢山作って棚の上に並べておけば帰ってきただけで癒されること間違いなしです!クラゲシールはネイルショップなどで販売されているネイルシールを使うことができます。子供用のクラゲシールは台紙が紙の場合があるので注意してください。小さめのクラゲを何匹か入れた方が可愛いですよ〜♪
それでは良いレジンライフを!

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です