歯科での詰め物コンポジットレジンの成分について

resin

虫歯になった時に、歯医者さんで詰め物をしてもらいますが、その詰め物の素材には種類があります。主なものにはコンポジットレジン、グラスアイオノマーセメント、アマルガムと呼ばれるものがあります。今回は、よく使われています人気のコンポジットレジンについて取り挙げたいと思います。

コンポジットレジンとは?

そもそもコンポジットレジンとは何でしょうか。歯医者さん用の樹脂素材の詰め物のことです。簡単に言いますと白いプラスチックの詰め物です。このコンポジットレジンは、直接歯に塗布していくので歯型を取ってその出来たもので詰めていく詰め物とは違い、密着性があり、強度もすぐれていて、歯と詰め物の間に隙間が出来ることもありません。では、詳しく成分を見て見ます

コンポジットレジンの成分は?

コンポジットレジンは、シリカとフィラーという成分が混合されて出来たものとなっています。コンポジットという意味が、混合の、複合のという意味があるのはここから来ているんですね。では、レジンは先ほどもありますように、樹脂という意味ですが、フィラーは何の意味があるのでしょう。

フィラーは、ガラスやセラミックなどの粒子のことで、レジンを強くするためであったり、透明感が増すなどの審美性を高めるために混合して使われています。レジンと聞くと今は手作りのレジンアクセサリーをイメージする方も多いと思うのです。こちらのコンポジットレジンは、クラフト用に使われているレジンと似た特徴を持っているとのことです。

クラフト用のレジンとわかりやすく比較してみます。クラフト用レジンはUVレジンとエポキシレジンの2種類があります。紫外線に当てて硬化させるものと2液を混ぜることで固まるというものの2つです。こちらのコンポジットレジンにも、光重合型と化学重合型の2種類があります。光をあてて硬化するものと2つのペースト(ユニバーサルペースト、キャタリストペースト)を混ぜることで固まるという2つです。

コンポジットレジンのメリット・デメリットは?

・歯の白さが自然であるというのが、一番のメリットと言えます。詰め物と言うと見るからに・・・という感がありましたが、そうした概念がかき消されます。

・歯を削る量が少なくて済みますし、歯医者さんでの治療が短くて済みます。大体1~2日の治療期間となっています。お勤めの方などには有り難いことですよね。

・それともう1つ大きいメリットとしては、金属アレルギーが起こらないということです。アレルギーの方には朗報です。

・デメリットとしては、強度があるとは言え、さすがに強度に関しては金属には勝てないところです。そして、強度と共に長く経過すると変色するというところもあります。

・驚きのデメリットは、歯医者さん、個人個人の技術の差が出てしまうということです。先ほど書きましたように直接虫歯に詰めていかなければなりませんので、どうしても歯医者さんの技量に影響されます。

まとめ

コンポジットレジンについて、成分から良し悪しの特徴を書いてまいりました。歯医者さんの技量で差が出るものなんだということですので、こうした他のメリット、デメリットも踏まえて、かかりつけの歯医者さんとよくご相談の上、治療されて下さいませ。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です