レジンで球体を作ってみよう!大切なのは根気だけ!?

resin

まるでビー玉のような球体レジン。ビー玉レジンを作る工程は少なく簡単そうに見えますが、そううまくはいかないものです。手間がとにかくかかるので、根気が必要です。今回はそんな球体レジンの作り方を解説していきたいと思います。

形作りに必要なもの

・半球シリコンモールド
・UVライト(太陽光でも可)
・UVレジン
・中に封入したいもの(ラメやパールなど)

丸い形の作り方

丸い形を作るのはとても簡単です。半球モールドにレジンを入れ、封入したいものも一緒に入れます。そのまま硬化しましょう。同じように作った半球を2つ用意します。片方の平面にレジンを塗って2つを重ねます。モールドにそっと戻して離れてしまわないようにくるくる回します。これで余分なレジンを落とすことができます。このまま硬化させてしまいましょう。硬化したらモールドから取り出して形は完成です。

研磨に必要なもの

・水入れ(小学生が使うような絵の具用の水入れで大丈夫です)
・ふきん(手を拭くのに使います)
・耐水ペーパーやすり(400番、600番、800番、1000番、1500番、2000番)
・コンパウンド(粗目、細目、仕上げ)
・眼鏡ふき(4分の1くらいに切って使います)

研磨のやり方

研磨はとにかく根気が必要です。ゴリゴリ削るというよりはさっさっと払う感じで磨きましょう。難しいな、と思う場合は本当に軽く撫でてみて、削れているようなら、削れていないようならもう少し力を入れて、という風にやってみてください。耐水ペーパーやすり、球体本体、どちらも水につけて乾かないようにしましょう。ついている水が濁っても水につけます。水入れの水が濁ったらすぐに取り換えましょう。耐水ペーパーやすりは番号が小さいほうが粗目です。粗目から順番にだんだんと細目にしていきます。やすりを細目にするタイミングは、表面の凹凸がなく、均一に曇ったら。少し目立つ傷は、傷に対して直角にやすりを動かすようにしましょう。1000番と2000番のやすり掛けはとにかく丁寧に、やりすぎかな?というくらいで大丈夫です。次にコンパウンドで磨いていきます。こちらも粗目からはじめていきます。4分の1に切り取った眼鏡ふきに粗目のコンパウンドをちょんと乗せてレジンをくるくると円を描くように磨いていきます。コンパウンドの水分が蒸発してきたら(色が少し変わります)少し力を緩めて磨きましょう。このとき、レジンの表面の曇りが取れないようなら、やすりでの研磨が足りていないということなのでレジンを水につけて、コンパウンドを落としてからもう一度1000番のやすりに戻って研磨しましょう。2000番まで磨き終えたらまたコンパウンドで磨きます。曇りが取れてつやつやになったら細目のコンパウンドを使って磨いていきましょう。さらにつやつやになったら最後に仕上げのコンパウンドで磨いて研磨は終了です。本当に傷がないかをいろんな方向から確認して完成です。

まとめ

いかがでしたか?今回は球体レジンの作り方について解説しました。球体を作るのはとっても簡単です。大変なのは研磨だけなので…。何度も何度も磨かなくてはいけないのでいやになってしまうかもしれませんが頑張った後にはピカピカつやつやのレジンが待っていますよ!
それでは良いレジンライフを!

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です