レジンに色付け!簡単綺麗に色付けする下準備とコツを紹介

resin

現在、百円均一ショップでも色付きレジンが販売されるようになりました。でも色のついていないレジンしか持ってないし、新しく色付きレジンを購入するのはもったいない…、そう考えている人も多いはず!そこで今回はとっても簡単に手に入って1つ購入すればたくさんの色付けが楽しめるダイソーのパステルをご紹介したいと思います!

パステルとは

パステルとは顔料をよく乾燥させてそれを粉末にし、粘着剤(糊のこと)と混ぜ合わせて固めた画材です。柔らかな印象の着色ができます。パステルにはソフトパステル、ハードパステル、パステル鉛筆、オイルパステルなどの種類があります。ソフトパステルは粘着剤の量が少なめのパステル、ハードパステルは反対に粘着剤の量が多めのパステルです。パステル鉛筆はパステルを芯とした鉛筆状のもので携帯性に優れています。オイルパステルは粘着剤にワックスなどの油性のものを使い固めたものです。実はサクラクレパスもこのオイルパステルの一種なんですよ!

ダイソーのパステル

ダイソーで販売されているパステルは、18色入りで108円。基本色セットと蛍光色セットがあります。片方のセットにしか入っていない色もありますが、どちらでもレジンの色付けはできるので好きなほうを購入してください。ダイソーのパステルはソフトパステルで柔らかいのが特徴です。柔らかいといってもぐにゃぐにゃと曲がってしまうというわけではないので安心してくださいね!

用意するもの

レジンに色付けをする前に少し準備をしましょう。色を付けるレジンを入れる小さな入れ物を用意します。どんな入れ物でも大丈夫です。ただ、底が深すぎると混ぜにくくなりますので注意しましょう。パステルでの色付けは汚れやすい作業ですので汚れてもいい格好で作業しましょう。また、作業をする机が汚れてしまうのを防ぐため白い紙などを敷いておきましょう。手が汚れてしまうのが気になるなら手袋も用意してください。そのほか、カッターか定規とつまようじを用意してください。

パステルで色付け

それではレジンの色付けをやっていきましょう!
1、パステルを削る
パステルをカッターまたは定規で削ります。パステルに刃を当て撫でるようにすると粉が落ちます。この粉が机に敷いた紙の上に落ちるようにしてください。
2、レジンとパステルを混ぜる
レジンを容器に移し、そこに先ほど削ったパステルを加えます。下に敷いていた紙ごと持ち上げて少しずつ加えましょう。加えたらつまようじでよく混ぜます。ダマにならないよう、少しずつ様子を見ながらパステルの粉を加えてください。色味は硬化してみないとわからないので研究してみましょう。また、粉を入れすぎるとレジンが固まらなくなる場合があるので入れすぎには注意してください。これで完成です!

まとめ

いかがでしたか?とっても簡単に色付けができましたね!工夫をすればグラデーションや混色だってできるようになります。自己流のやり方を見つけてみてください。もちろんダイソーで売っているのでなくもっと高いパステルでもレジンの着色に使うことができます。高いもののほうが粉が細かく、着色はダイソーのものよりもやりやすいと思います。
それでは良いレジンライフを!

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です