レジンで綺麗な結晶を作ってみよう!

resin

レジンで結晶を作るために準備するもの

先ず欠かせないのがおゆまるです。おゆまるは、お湯に入れることで自由に形を変えることが出来ます。プラスチックの粘土で、型取りにも便利に使われています。100均にもありますから手軽に購入することが出来ます。そして、水晶の型を用意しましょう。もしも石の原石をお持ちでしたらおゆまるで型どることが出来ます。一家に鉱石、ということは中々ないかも知れませんので、型もさまざまな形が販売されていますからご自分が気に入った型を利用しましょう。

レジン作りの主役はレジン液。このレジン液も100均で購入出来ます。こうして見ますと、レジンでアクセサリーなどを手作りする場合、シンプルな作品ではほとんど100均で揃うことになりますね。こうした簡単に準備出来て、簡単に作ることも出来て、仕上がりがキレイとすると人気になるのも頷けますね。

もう1つは、無色透明な結晶を作る場合は要らないのですが、淡い色をつけて本物そっくりな結晶を作りたいと思われる方は、着色顔料が必要です。あるところでは、プリンター用の補充インクを使うことが紹介されていました。。こちらも何と100均で購入出来ます。レジンでいろいろ作ってみたいと思われている方は、複数色をそろえておいた方が良いですね。

レジンでの結晶の作り方

では、レジンを使って結晶を作ってみましょう。どのようにして行けば良いのかをご紹介します。

おゆまるをお湯で柔らかくします。鉱石をお持ちの方は柔らかくなったおゆまるを押し付けていきます。この時におゆまるをお湯で柔らかくしてますから、かなり熱いのでやけどにお気を付けて下さいね。大きなおゆまるを1個か2個使うよりも、複数の小さなおゆまるを使った方がキレイに型を取ることが出来ます。大きいですと余計に熱くて扱いにくいという点もありますしね。冷えましたら固まりますので、次におゆまるを傷つけないようにして丁寧に剥がしていきます。

これで型が出来ましたので、後はレジン液をこの型に流し込んでいきます。この時にもしも色を付けたいという場合は、補充インクなどを使って色をつけていきます。あまり色を入れ込みますと濃い色となってしまいますので、クリスタルな仕上がりにするには少しの着色料で大丈夫です。画像にもありますようにグラディエーションをかけたい時は、片方から少しずつ色を濃くしていくようにしていきましょう。

レジンが固まりましたら、慎重に型から取り出しまして完成です。ここでは、せっかくのレジンの結晶が壊れないように、おゆまるの型に切れ目を入れながら剥がしていきましょう。結晶の形はボコボコ、ゴツゴツしているほど、本物そっくりに出来上がります。また、水晶として六角の型というのもありますね。こちらも本物と間違うくらいの高精度です。

氷砂糖を使ったレジンの結晶の作り方

あるサイトにて紹介されていましてなるほどと目からウロコだったので、こちらでもご紹介します。氷砂糖はそういえばクリスタルな結晶そのものに見えたりしますよね。形の良い、これは!と思えるものを選んで、おゆまるで型を取ることでとても美しい結晶が出来ます。形が決まっている型ではない、オリジナルな結晶が完成します。

まとめ

少し大きめの結晶を作りますと、部屋や玄関に飾っておくことも出来ます。もちろんアクセサリーとしてネックレスやキーホルダーなどにも出来ますよね。結晶はよりキラキラ輝いていますので、人の目を引くことも間違いなしです。レジンの結晶で自分を輝かせて下さい。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です