レジンで作るキラキラ宇宙風インテリア!作り方のコツは奥行き!

resin

宇宙を手に取ったような素敵な球体のインテリア。箱に入れて飾ればまるで宇宙旅行のお土産のよう!こんな素敵なインテリアを自分の手で作ってみませんか?今回はレジンで作る本物みたいな宇宙インテリアの作り方を紹介します。

用意するもの

まず必要なものの紹介をします。
・レジン(ハード)
・マニキュア(黒and紺and青and紫andパール系の白)
・半球シリコンモールド(サイズのいろいろあるものがいいです)
・ラメ
・爪楊枝
・接着剤
・ケース

1層目の宇宙を作る

それでは早速作っていきましょう。まずはシリコンモールドの小さめの半球に1層目の宇宙を作っていきます。モールドに少量のレジンを流し入れ、モールドを回すようにして半球全体に行き渡らせます。うまく行き渡らないところは爪楊枝を使うといいですよ。全体に行き渡ったらレジンを一度硬化させます。この時点でモールドから外すとコンタクトレンズのような形になっています(まだ外さないでくださいね!)次に、硬化したレジンにマニキュアで宇宙塗りをしていきます。黒色のマニキュアを全体に塗り広げ、その上から紺や青、紫のマニキュアでグラデーションを施します。マニキュアが乾いたらレジンをモールドの上まで注いで硬化させましょう。硬化したらモールドから外して大丈夫です。モールドを外したら、今度は球体面に星を書いていきます。パール系白のマニキュアで天の川を描いたり、星の点を売ったりしましょう。マニキュアが乾いたら全体二一度レジンを塗って硬化させてください。これで1層目の宇宙は完成です。

2層目の宇宙を作る

次に2層目の宇宙を作っていきます。2層作りにすると、奥行きがでて、リアルさが増します。2層目は、1層目に使った半球よりふたまわり大きいモールドを使ってください。モールドにラメを混ぜたレジンを4分の1くらい流し込み、先ほど作った1層目の宇宙を押し込みます。ここで注意するのは、モールドの底まで押し込まないことです。少し隙間を持たせるくらいに押し込みましょう。押し込んだら、一度硬化させます。硬化したら残りの隙間にレジンを入れ、爪楊枝でラメを散らしていきます。天の川付近には多めに散らしましょう。ここは細かい作業で大変かもしれませんが、ここをやるのとやらないのとではリアルさが変わってきます。ラメを散らし終えたら硬化させ、モールドから取り出しましょう。モールドから取り出したらもう1度レジンでコーティングしてください。これで2層目も完成です。

箱に入れる

最後に箱に入れます。箱に入れると高級感が増しますよ!ガラスケースでもアクリルケースでもいいですが、土台は黒いほうがいいでしょう。土台に接着剤を塗って、作った宇宙を貼り付け、カバーをかぶせれば完成です。

まとめ

いかがでしたか?今回はレジンで作る宇宙インテリアの作り方を紹介しました。動画で詳しく作り方を解説していらっしゃる方もいるので、ぜひ動画を見ながら作ってみてくださいね。宇宙だけではなく、土星や地球なども作って並べてみると太陽系を表現しているみたいで一体感が出ていいと思いますよ!大きなものを作ろうと思うなら、UVレジンではなく2液レジンの方がいいと思います。
それでは良いレジンライフを!

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です