シリコン型を使ってレジンアクセサリーを作ろう!

resin

シリコン型の種類

シリコン型にも種類があります。1つの型で1個の型が取れるもの、1つの型でたくさんの型が取れるもの、立体的な型が取れるもの、お菓子作りの時に使われるようなものなど多くのシリコン型があり、選ぶことが出来ます。それぞれどんなアクセサリーを作りたいか、どんな作品に仕上げたいかでピッタリのシリコン型を選んでいきましょう。

単体で取れるシリコン型

ここからは具体的な1つ1つのシリコン型をご紹介してまいります。先ず単体でのシリコン型にはどのようなものがあるでしょうか。1個の作品となるとブローチや大きめのチャームなどに使われると思います。調べてみた中での魅力的と思ったシリコン型を取り挙げます。

「手作り女子」にはたまらない天使もの、その中で天使の羽のシリコン型を見つけました。2枚の羽が1個のシリコン型で取ることが出来ます。そして、多く見られたのはやはり定番のお花の型ですね。花びらの1枚1枚が見事に出来上がっていくシリコン型は、きっと失敗せずに出来るなという確信が持てるほどよく出来ています。

それだけのレジンアクセサリーでも良いですし、何かとの合わせ技も出来ますね。例えば、猫ちゃんのレジンアクセサリーの上に天使の羽をのせたりします。合わせ技にすることでより無限に作品の幅が拡がりますね。

複数で取れるシリコン型

一番多く使われるのがこの複数タイプのシリコン型ではないでしょうか。1回でいろいろなシリコン型を取ることが出来るので、時短にも経済的にも作品性においても簡単便利に使うことが出来ます。よく見かけたのはジュエリーのシリコン型です。ハートにダイヤ、さまざまな形のものが1個のシリコン型で20個以上出来るものです。こちらも後々いろいろな応用がきけそうですね。結晶の数々も綺麗でステキでした。

また、多く目についたシリコン型は、貝殻の形やアルファベット、数字などですね。リボンあり、猫の肉球のシリコン型もあったり、カギの形のいろいろもありました。こうして見ていくと本当に数多くのシリコン型が販売されていることがよくわかりました。お気に入りのシリコン型を探していくのも楽しみの1つになりますね。

立体的に取れるシリコン型

立体的な作品というのもそれだけで魅力的です。真っ先に目に入ったのが金魚ですね。本当に泳いでいるかの如くの金魚の作品は目を見張るものがありました。クリスタル型も良く見かけましたね。このシリコン型1つで水晶を作ることが出来ます。ケーキ型なんていうのもありましたよ。3段になっていて飾りも本物のケーキのように作られています。サイトで紹介されていたものにくまちゃんもお目見えしてました。ユニコーンもかっこ良かったです。

変わったシリコン型として、ドレスの形もありました。リボンやフリルがついて可愛さが際立っていました。また、スニーカーなんていうのも見かけました。これもまた可愛かったです。スニーカーで思ったのは靴シリーズでガラスの靴もあるかなと。ずっと見た中ではなかったのですが、自分でシリコンを使って作って見ても良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。どのシリコン型を見てもよく出来ているので、シリコン型恐るべし!と思わずにはいられません。取り扱いも簡単で手間がかからずすぐに出来る、失敗が少ないのも魅力ですね。さて、皆さまはどのシリコン型に興味を持たれましたか?

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です