やっぱり動画がわかりやすい!レジンの作り方

resin

初心者におすすめの動画

「初心者向けUVレジンのメイキング~ミール皿編~」-YouTube

誰でも簡単にできるレジンですが、全く初めての方はレジンの材料なども初めて聞く用語ばかりでそこからわからなくて困ってしまうかも知れません。「面倒なのはやっぱり無理」と言わずに、そんな方にはこちらの動画が役に立ちそうです。道具や材料のこともよくわかります。最初にずらりと道具類が出てきますが、初心者さんが作る簡単なものならここまでそろえなくても大丈夫ですからご心配なく。1:25あたりからダイソーのレジンキットを使った作り方の説明になるので初心者さんはそこから見てもいいでしょう。4:08あたりからはマニキュアを使った人気の「宇宙塗り」のやり方が出てきます。

「初心者向けUVレジンのメイキング~空枠&モールド編~」-YouTube

1:25から空枠を使った作品の作り方説明になります。テープをはがした後の処理なども詳しく説明があります。ストラップとして作品に仕上げるためのパールと丸カンのつなぎ方なども丁寧に説明してくれているので安心して完成させられますね。2:56からはシリコンモールドを使ったレジン作品の作り方です。どこのメーカーのものかなども解説されているので初心者には助かります。1層目には何を入れて2層目には何をどんなふうにするか、著作権のことや顔料のことなども細かな解説です。カンの取り付け方も出ています。

ちょっと凝ったレジン作品の動画

「UVレジン 100円ショップ材料で作る・和風の蝶」

100円ショップで手に入るモールドを使っての説明です。和紙を効果的に使ってとても素敵です。色つけは顔料とパステルを削ったものを混ぜて好みの色になるように作っています。(1:08あたり)思っていた色より濃くなりすぎてしまったらレジン液を足して薄めたりするテクニックも見られます。パステルの量が多いと硬化しないそうなので気をつけましょう。3:17から色の付いたレジンをモールドに入れていくところの様子です。5:37あたりから金箔のようなシートを使ったデコレーションが始まります。6:50から仕上げのレジンと丸カンのつけ方です。この辺は動画でないとわかりにくい部分ではないでしょうか。

「宇宙塗りをやってみた UVレジン」

何もパーツを中に入れない、グラデーションのみの宇宙塗りです。濃紺、少し明るめの紺、ブルーのラメ入り、粗めの水色ラメ入り、白パール、シルバーラメ入りマニキュアを使って楊枝で境目をぼかして行き、完全に乾かします。最終的にどのくらいレジン液を盛ったらいいかもわかります。

「【resin】 Accessary of a straw(レジンストローアクセサリー)」

モールドの代用品として何と太目のストローを使っています。ガラス粒、ラメ、ホログラムなどを中に入れキラキラしたアクセサリーの出来上がりです。こんなものもレジンアクセサリーに使えるとは、驚きです。

「Resin Galaxy Cabochon- All-Instructables」銀河の写真を使った半球モールドの作品

海外の作家さんの作品動画です。何とNASAのハッブル望遠鏡の写真を使っています。ただし、UVレジンではありません。2液を混ぜるタイプのレジンです。日本のものではないので全く同じ材料はこちらでは見つかりませんが、日本にあるものでも十分できると思います。レーザープリンターで透明フィルムに印刷するところがちょっと大変でしょうか。半球型なのでレンズ効果が活きていますね。

以上が動画の紹介でしたが、やはり知っておかなければいけない基本的な注意事項などはテキストを参照するのも大切なので、こちらは参考程度に考えておくのがよいでしょう。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です