作ったアクセがなんだか寂しい?そんなときはお花を使って華やかさアップ!

resin

お花を使ったレジン作品、とってもおしゃれですよね。今回はそんなお花を使ったレジン作品のアイデアを紹介していきたいと思います。

押し花を使ったアクセサリー

まずは押し花を使ったアクセサリーを紹介します。押し花はセッティングや空枠に封入したり、そのままコーティングしたりいろいろな使い道があります。ここでは一番簡単な押し花にそのままコーティングして作るアクセサリーを紹介します。例えばパンジーの押し花。これにそのままレジンを塗って硬化させます。最初は薄く塗って硬化し、次にしっかりレジンを盛って硬化させることで強度が増します。裏側からもしっかり硬化すればパーツは完成です。ピアスやイヤリングにしたいなら丸カンを通す場所に目打ちなどで穴をあけます。丸カンを通したらイヤリングやピアスの金具を取り付けて完成です。ネックレスにするなら丸カンにチェーンを通しましょう。ネックレスなら、他の押し花を横に並べてボリュームを出しても素敵ですよ♪

ドライフラワーを使ったアクセサリー

ドライフラワーは押し花に比べて立体的です。これを生かしたアクセサリーを作りましょう。シリコンモールドを用意して、そこにレジンを半分入れましょう。そうしたら硬化する前にドライフラワーを入れます。モールドより一回りくらい小さいお花がいいですよ!お花を入れたらレジンを硬化させて、残りにもレジンを入れます。硬化して取り出せばお花がしっかり封入されたパーツの完成です。アレンジとしてお花だけでなくラメや英字の印刷されたフィルムなんかを封入してもかわいいと思いますよ!

花柄の印刷されたデザインペーパーを使ったペンダントトップ

花柄の印刷されたデザインペーパーを使えばとっても簡単にお花アイテムを作ることができます。デザインペーパーを使うのはセッティングが向いています。セッティングに合わせてデザインペーパーを切り取り、セッティングに載せます。そのままレジンを流してもいいですが、紙染みが起こるかもしれないので、紙を乗せる前に白色のマニキュアをセッティングに塗って乾かしておきましょう。デザインペーパーを乗せてレジンを流して硬化すればそれだけでかわいいペンダントトップになります。アレンジとしてはパールやラインストーンを乗せるとキラキラ感が増していいと思います。

ワイヤーを使ったお花

最後に応用編としてワイヤーで作るお花を紹介します。手芸用のワイヤーを用意して花びらの形を作り5枚くらい合わせて一緒にねじりお花の形にします。そこにつまようじで掬ったレジンを薄く膜が張るように撫でつけ硬化させます。これだけです。応用といいましたがとっても簡単ですよね。茎も作って花束みたいに飾ってもいいですし、お花の部分だけでイヤリングやピアス、かんざしなんかにもできますよ!ワイヤーで作ったお花にはビーズがよく合います。

まとめ

いかがでしたか?今回はお花を使ったレジンアクセサリーのアイデアを紹介しました。今回紹介した中でもワイヤーで作るお花は私も初めて見たときあまりの美しさに感動しました。まるでガラス細工のような繊さ、透ける花びらはステンドグラスのようだと思いました。本当におすすめなので皆さん作ってみてくださいね!
それでは良いレジンライフを!

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です