スイーツデコに合うレジンの種類はUVレジン?エポキシレジン?

レジンの種類

レジンとは日本語では樹脂のこと。プラスチックでもあります。レジンには、さまざまな種類があり、大きく分けると、主剤と硬化剤の2液を混ぜ合わせることで固まるものと、紫外線を照射することによって固まる1液タイプのものがあります。2液タイプのレジンをエポキシ樹脂(エポキシレジン)、1液タイプのレジンを紫外線硬化樹脂(UVレジン)と言います。

100均でも手軽に手に入れることができるレジンは、紫外線に照射することによって固まる紫外線硬化樹脂。つまりUVレジンと呼ばれている1液タイプのレジンです。
UVレジンは、1液でレジンを作れることや、UVライトや太陽光の紫外線に当てるだけで固まるという手軽さがウケて大人から子供まで、とても人気のある手作りクラフトとなっています。

エポキシレジンとは

主剤と硬化剤を混ぜ合わせて固める2液混合型のエポキシレジンは、化学反応によって固まります。2駅を混ぜ合わせた瞬間から硬化が始まりますが、完全に硬化させるまでには1~3日間という時間が必要になります。
エポキシレジン液のメーカーによっても、2液の混合比が異なるため、0.01gまで計れるデジタルはかりなどを使って正確に計量して混ぜ合わせる必要があります。混合比を間違えてしまったり、分量を間違えてしまったりすると、硬化不良を起こしてしまいます。

エポキシレジンは、鮮度の良いものを使いましょう。未開封の状態であっても、経年劣化により品質は低下してしまいます。品質の良いエポキシレジンは、硬化不良を起こしにくく、透明度が高く、黄変が起きにくいという特徴があります。
完成度の高いレジン作品に仕上げるためには、品質の良いエポキシレジン液を使いましょう。

UVレジンとは

紫外線を照射することによって固まるUVレジンは、1液のみで作品を作ることができてとても手軽な手作りクラフトです。紫外線を照射できるUVライトがあれば、5分位で完全に硬化させることができます。紫外線を照射する機器がなくても、太陽光の紫外線に当てることによって硬化させることができます。良く晴れた日中であれば、15分~30分で完全に硬化させることができます。

デコスイーツに合うレジンは?

デコスイーツに合うレジンは、どちらも向いているということになりますが、より高い透明度があるのはエポキシレジン。しかし2液を混合しなければならないことと、硬化まで時間がかかるというデメリットがあります。
作成手順が手軽であるのは1液タイプのUVレジン。紫外線に当てるまでは固まらないので、封入するパーツの配置など、何度でもやり直せる点も人気の理由。初心者でもお子さんでも、簡単にレジン作りを楽しめるのはUVレジンとなります。本格的な作品や大きい作品は、透明度の高いエポキシレジンが向いています。

まとめ

美味しそうで本物そっくりのスイーツデコクラフトは、レジンを使って簡単に作ることができます。レジンにもエポキシレジンやUVレジンなどのいくつかの種類のものがありますが、最初はUVレジンを使ってみると手軽に楽しむことができます。慣れてきたら、2液タイプのエポキシレジンで作ってみましょう。それぞれの違いを知って、自分に合ったレジン液を選びましょう。

レジン  レジン