UVレジンに着色する方法3選!初心者にも簡単な着色料の使い方

ビーズ

レジンに着色はできる?

UVレジンのレジン液は、たいていは透明のものが多く販売されていますが、中には100均のセリアなど、色付きのカラーUVレジン液を販売しているところも。
探しているカラーのレジン液が見つからない場合は、自分の好きな色、作品のイメージに合わせた色を、透明UVレジン液に色を付けて本格的なレジン作品を作ることができます。

レジン作家さんや、お友達の作ったレジン作品を見て、あのキレイな色はどうやって着色するのだろうと思った人も多いはず。
透明のUVレジンに、好きな色に着色することは簡単にできるのです。
着色方法はたくさんあり、レジン専用の着色材料や代用品を着色材料にすることも。
さまざまに行われているUVレジンの着色方法を、初心者でも簡単にできる3種類について紹介します。

粉末の顔料を使う

UVレジン専用の粉末のカラー顔料があります。100均のダイソーでも手に入るとても手軽な粉末顔料。
使い方はとても簡単で、透明のUVレジン液に、使いたい色のカラー顔料をつまようじの先端に軽く乗せる程度にとり、少しずつ混ぜていきます。
クリアファイルやシリコンマットなどの平らな面の上に透明のレジン液を出し、つまようじを寝かせるように混ぜると、うまく混ざります。

異なる色の顔料を混ぜ合わせて、オリジナルのカラーを作ることもできます。
顔料の量が多いと、UVライトに当てた時にしっかりと硬化できずに、中央部や底面が硬化不良を起こしてしまいます。
少ない量から足していく方法が良いです。

液体の顔料を使う

液体のUVレジン専用のカラー顔料を使う方法は、粉末タイプを使うよりも簡単に着色することができます。
透明のUVレジン液にカラー顔料を、まずは1滴から足して混ぜていきましょう。
つまようじなどを利用して、よく混ぜ合わせます。濃い色に着色してしまうと、紫外線が中まで当たらずに硬化不良を起こしやすいので注意しましょう。半透明になる程度の透明度は残すと良いでしょう。

つまようじの先端に少し付ける程度の量から混ぜていくことがポイント。少しずつ液体顔料を足して、好みの色に近付けていきましょう。
クリアファイルやシリコンマットの平面で混ぜる方が混ぜやすいです。慣れてきたら何色か混ぜてオリジナルの色を作ることもできます。

アクリル絵の具を使う

液体のカラー顔料のように、アクリル絵の具でもUVレジンに着色することができます。
アクリル絵の具は、100均でも購入することができるので試してみるにはとてもお得。
着色の方法は液体顔料と同じように、透明のUVレジン液に1滴程度の量から混ぜていきます。
色が濃すぎると、紫外線が届かず硬化不良を起こしてしまう可能性も。つまようじの先端に少し付く程度の量でも十分に着色することができます。
クリアファイルやシリコンマットなど、平らな面の上で混ぜる方がやりやすいです。

まとめ

UVレジン液を好きな色に着色して、オリジナルのレジン作品を作れるようになると、アイデアもどんどん広がり、レジンクラフトが楽しくなります。
100均でも購入できる粉末カラー顔料やアクリル絵具は、初心者でも気軽に試すことができます。
透明のUVレジン液に混ぜるだけなので、とても簡単に好きな色を着色することができます。
初心者でも簡単なので、自分好みの色や、作品のイメージの色を着色して、レジンクラフトを楽しみましょう。

レジン  レジン