UVレジン用の型枠を自作する方法!おゆまるやイロプラの使い方

チャーム

型を自作できる材料

レジン作りの幅が広がってくると、まだ持っていないシリコン型も欲しくなるものです。
できれば100均で安く収めたいところですが、品数も豊富になったとはいえ、100均では望みの型に出会えないことも。
そんな時には、好みの形のアイテムを基にして、自分で型を作ってみましょう。
型作りにおすすめの材料は、お湯で柔らかくなる粘土の「おゆまる」や「イロプラ」などのプラスチック粘土です。
お湯で温めることによって、柔らかくなるので、どんな形にも加工することができるのです。冷えると固まり、再度温めればまた柔らかくなるので、何度でも形を自由に変えることができるので、レジン用の型作りにはとても向いている素材です。
おゆまるやイロプラは、キャンドゥやダイソーやセリアなどの100均でも販売されていますが、人気商品のため品切れのことも。見つけたらゲットしておきましょう。

型の取り方

100均でおゆまるやイロプラを手に入れたら、レジン用の型作りに挑戦しましょう。
一度、手順を覚えればすぐに慣れます。とても簡単なので、慣れてくるといろいろなもので型取りを試してみたくなることでしょう。
熱いお湯を使うので、やけどには注意しながら作業をしてください。

  1. おゆまるやイロプラは、型を取りたいものの2倍くらいの量を用意しましょう。UVレジン用の型作りには、透明色が向いています。色が付いていても半透明のクリア色がおすすめです。紫外線を通すことができるので、裏側からや横からも向きを変えて、中までしっかりと硬化させることができるからです。
  2. 耐熱容器に80℃くらいのお湯を準備します。おゆまるやイロプラが完全に浸かる量のお湯が必要です。
  3. おゆまるやイロプラをお湯に浸して2~3分程待ちます。
  4. 柔らかくなったら、割りばしなどで取り出し水気を拭き取ります。
  5. 柔らかいうちに、型を取りたいものに貼り付けたり押し付けたりして、そのまま冷まして固まるのを待ちます。
  6. 型取りの途中で固まってきてしまったら、再びお湯に戻せば柔らかくなります。
  7. 冷めて固まったら、型を取り外して完成です。

おすすめ型取り

レジンでスノードームのような半円の作品を作りたい時、おゆまるやイロプラを使って、半球の型を作りましょう。
半球の型を取る場合には、おゆまるやイロプラにビー玉やスーパーボールなどの丸いものを押し込むだけ。好みの大きさに合わせて、丸いものを探してみましょう。
鉱石や天然石などでも型を取ることができます。ドロップやキャンディーなども型を作れば、レジンでまるで本物のように再現することができます。
ガラスの靴やガラス細工も型を取り、レジンで本物そっくりに再現することも。
次はどの型を作ろうかとアイデアを練ることも、レジン作りのアイデアが広がり、楽しみも広がります。

まとめ

欲しい型が見つからなくても、簡単に型を作れる方法を知っていれば安心です。シリコン型に頼らずに、自分でプラスチック粘土を使って自作してしまいましょう。
お湯で温めるだけで柔らかくなり、また温めれば何度でも形を変えられるのでとても便利。
固まっても、プラスチックのように固くなるのではなく、ゴム程度の弾力があります。型も外しやすく扱いやすいという特徴も品薄になる程の人気の秘密。
好きなアイテムの型を自分で作って、レジン作りを楽しみましょう。

レジン  レジン