UVレジンで指輪やブレスレットの作り方!おゆまるで型を取る方法

レジンで指輪を作る方法

UVレジンで作る作品は、ミール皿やシリコン型や空枠などを使って作ることが多いですが、指輪やブレスレットのような輪になっているものも、型を使えば簡単にレジンで作ることができます。
型が売っていないアイテムを作りたい場合には、自分で型を作ってしまえば良いのです。
UVレジン用の型を作るのはとても簡単で、100均でも購入できる「おゆまる」を使う方法があります。
おゆまるはプラスチック粘土で、80℃以上のお湯に入れると柔らかくなり、自由に形を変えることのできるものです。
冷えるとゴム程度の硬さに固まるので、型枠作りに適しています。お湯に入れればまた柔らかくなり、何度でも形を変えて繰り返し使うことも可能です。

レジン用の型枠の作り方はとても簡単で、柔らかくなったおゆまるに指輪やブレスレットなど、元となるアクセサリーを押し付けて型を取るだけ。
その型にレジン液を流し入れて硬化させれば、指輪やブレスレットが簡単に作れるという方法です。
レジン液も100均で購入することができるので、とても手軽に手に入れられます。
中に埋め込むパーツやラメなども100均で揃います。
お好みのアクセサリーでレジン用の型を取り、オリジナルの型枠とレジンアクセサリーを作りましょう。

型の取り方

  1. UVレジンの型に使うおゆまるは、半透明のものにしましょう。裏からもUVライトを当てられるのでしっかりと硬化させることができます。
  2. 80℃くらいに熱したお湯に、おゆまるが完全に浸かるように入れます。
  3. おゆまるは柔らかくなってくると丸まってきます。割りばしなどで硬さを確認しましょう。柔らかくなっていれば取り出します。
  4. 水気を拭き取り、型を取りやすい大きさにまとめます。おゆまるも熱くなっているので、やけどに注意しましょう。
  5. 指輪が埋まるように押し付けたり押さえたりして、丁寧に指輪を覆うようにおゆまるを押し付けましょう。
  6. 形を整えたら、そのまま冷えて固まるのを待ちます。
  7. 固まったら、おゆまるから指輪を外して、指輪の型の完成です。

レジン製指輪の作り方

  1. 指輪の型にレジン液を入れます。
  2. パーツやラメなどを配置します。メッセージを書いたものを入れることもできます。気泡ができてしまったら、つまようじなどで丁寧に取り除きましょう。
  3. UVライトに当てて硬化させます。厚みがある場合やラメやパーツが多い場合は、硬化しにくいので硬化時間を長めにしましょう。
  4. こぼれない程に硬化させたら、裏返して裏からもUVライトを当ててしっかりと硬化させます。角度を変えて全体的にしっかりと硬化させましょう。
  5. 完全に硬化したら型から外して完成です

まとめ

指輪やブレスレットなどの輪になっているものも、おゆまるを使って型を取れば、UVレジンで簡単に作ることができます。
おゆまるもUVレジン液も100均で手に入れることができるので、手軽に試してみることができます。
お気に入りのアイテムの型を取って、オリジナルのレジンアクセサリーを作りましょう。
おゆまるは80℃のお湯で柔らかくなります。やけどには注意しながら作業して下さい。おゆまるとレジンの組み合わせは、さまざまなレジンクラフトを作ることができるアイデアや可能性が広がる組み合わせ。
型枠作りに挑戦して、レジンクラフトを楽しみましょう。

レジン  レジン