レジンをライフワークにしたい方必見!おすすめの資格や講座とは?

レジンを極めるなら資格取得もおすすめです。

レジンクラフトをやり始めて大好きになったら、誰かに教えたい、もっとレジンについて知りたいと感じることもあるでしょう。「そうは言っても何でも資格にするのも気が引ける」という方もいらっしゃると思いますが、もしちょっと家でクラフト教室を開いてみたいという方には資格を保持しているということはお客様に安心してもらえる1つのステータスになります。

今回はレジンを学ぶための講座や取得できる資格にはどんなものがあるのか、掲載していきたいと思います。

レジンアクセサリークリエイター試験

こちらは日本インストラクター協会(JIA)が主催している資格試験です。2か月に1度開催しており、自宅で受験することができます。受験料は10,000円です。

<レジンアクセサリークリエイター試験で学習できること>

・レジンの基礎知識

・手作り方法をマスターし応用できるまで

<この資格の勉強ができる講座>

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニング

こちらでは資格の取得方法が2つあり、1つは講座を受講し、試験を受けて合格することで資格が得られる方法、もう1つは卒業課題を提出することで卒業と同時に資格が得られる方法です。

課題提出のほうが少し料金が上乗せになっていますが、こちらは次にご紹介する日本デザインプランナー協会(JDP)主催のレジンアートデザイナーの資格も取得することができ、2つの受験料と自分で試験を受けるコースの金額を合わせると同じぐらいになります。

試験と聞くとなんだか緊張するという方には卒業課題を提出する法を検討してみてもいいでしょう。

レジンアートデザイナー認定試験

日本デザインプランナー協会(JDP)主催のレジンの認定試験です。こちらも自宅で試験を受けることができます。

<レジンアートデザイナー認定試験で学習できること>

・UVレジンの基礎知識

・様々な手法のテクニック

・アクセサリーパーツの付け方

<この資格の勉強ができる講座>

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニング

レジンアクセサリークリエイター試験でもご紹介した通信教育講座です。テキストや問題集、添削用の課題もあります。

独立支援アカデミーencourage UVレジンアクセサリーコース

通学講座も通信講座もあります。通信講座はスクーリングは不要で、テキストや教材、キット、DVDなどで学習できるほか、講師の方が電話やメールで丁寧に対応してくれます。価格が20,000円以下とお財布に優しいのもうれしいですね。作品レポートの提出があるようです。こちらの講座も基礎からしっかり学べます。

レジンクラフトは比較的新しい技術で、レジンに関する講座や資格はまだまだ少ないのが現状です。ほんの少しずつ増えてきてはいますが、公的な資格ではないので、取得していなくても副業などにつなげることは不可能ではありません。

資格を取るよりも練習を重ねて腕を挙げたい方、きちんとテキストなどを見て基礎から学びたい方、それぞれいらっしゃると思います。自分がレジンクラフトを通して何をしたいのか、どこを目指したいのかで資格を取得するかどうかも変わってくるでしょう。

今すぐではなくても、趣味としてレジンをやってみて強く魅力に惹かれたら、ぜひ趣味から特技、特技から職業へ進めていってみてはいかがでしょうか。

レジン  レジン