レジンに必須なUVライト。値段も様々だけどおすすめはどれ?

UVランプ

レジンクラフトに使うUVライトは主に36Wと9W

UVレジン液はUV(紫外線)を使って硬化させるため、太陽光でも固めることはできますが、時間の短縮や天候に左右されずに作業するためにはやはりUVライトは必須です。現在販売されているUVライトは36Wと9Wのものがほとんどです。2つの違いは、数字にあらわされているように、ワット数とライト本体の大きさです。

どういうものを作りたいか、どれくらいの量のレジンクラフトを作りたいかによって36Wを選ぶ人と9Wを選ぶ人に別れます。薄めのチャームのようなレジンクラフトを作りたい時や少し時間がかかってもいいと言う場合は9Wでも使えますが、早くしっかり乾かしたい時や大き目の作品を作りたい時には36Wがおすすめです。

色んなショップで同じようなものを売っているけどどれを買えばいいの?

私は今36WのUVライトを使っています。私もUVライトを購入するときはとても迷いました。最終的に私が今持っているUVライトを選んだポイントは

・どのインターネットモールサイトでも取り扱っていて、レビュー数が多いこと

でした。UVライトは消耗品なので蛍光管の交換が必要です。出来ることなら消耗品も同じショップから購入できたほうが安心ではないかなと思ったので、レビュー数が多いということはそれだけの人、もしくはそれ以上の人が利用しているということなので、消耗品が必要になった時でもちゃんと購入できると思いました。

1000円ほどから販売されているUVライトですが、同じぐらいの値段のものだと大きな差はありません。安いから固まらないということでもありません。ただ、反射板がミラーボールのようになっていてシールではないものやメーカーブランドのものだと値段が上がってくるようです。

以上のことを踏まえてレジン用UVライトを購入する際のポイントを挙げてみます。

レジン用UVライトを購入するコツとは?

・レジンクラフトを作る目的に合わせて購入する

レジンクラフトを上手に作れるようになったら、いずれバザーなどに出店したい、という方もいらっしゃると思います。その場合たくさん作って何度も練習を重ねる必要があるので、レジンクラフトを作る頻度も増えると思います。その場合は反射板がしっかりしたもので36Wのものを購入した方がいいでしょう。UVライトはインターネット通販で購入することが多いと思うので、物を実際に見ることができません。本体の大きさ、庫内の大きさなど、数字でしか測れませんがしっかり確認して購入することをお勧めします。

逆に、レジンクラフトはあくまで趣味でのんびりやりたいという場合は1000円台のものでも十分使えます。ただ、同じ36Wでもちょっと硬化時間が遅めだったり、見た目が安っぽく見えるといったこともあるようです。お値段なりのデメリットもあることを理解した上で購入することをお勧めします。また、UVライトには2分のタイマーが付いているものがほとんどですが、中にはタイマーが付いていないものもあるので、その辺りもよく商品説明から読み取りましょう。

・UVライトは消耗品。付属品も購入しやすい物を選ぶこと。

先にも記述しました通り、UVライトについている蛍光管は半年を目途に交換が必要な消耗品です。UVライトの蛍光管の中には本体を限定しているものもあるため、どの蛍光管でも使うことができるUVライトだと長く使い続けられると思います。また、ショップ自体やメーカーブランドに人気があると、続けて使うことを考えると安心です。さらに商品をたくさん置いてあるショップだとレジンに必要なものを一式揃えられるので便利です。

最低でも上記2つのことを抑えて購入すると失敗しないでしょう。ただ、レジンクラフトの販売を目指している方でも、練習のうちは安い物でもいいという方は、最初は安い物から使い始めてもいいでしょう。

もし万が一、購入した直後に不備があった場合には速やかにショップへ問い合わせましょう。そのためにもレジン本体だけでなく、ついてきた説明書や付属品も念のため、しばらく取って置くと安心です。

レジン  レジン