レジンに封入するパーツやアイテムのアイディアいろいろ

アクセサリー

レジンに封入するアイテムに困ったら試してみて

男女問わず大人気のレジン。自分の好きなパーツを閉じ込めることができるのでとても人気があります。ホームセンターや手芸屋さん、100円ショップなどでもレジン用のパーツが多数取り扱われていますが、それ以外にも封入したら可愛いアイテムはたくさんあります。おすすめの購入できる定番のアイテムから、日常にある意外なものまで。封入するパーツによってさまざまな作品を作ることができるので、是非参考にしてみてください。

〜購入できるもの〜

手軽に購入できる定番の封入アイテムは、ラメやホログラムと言えるのではないでしょうか。こちらはネイル用のラメやホログラム、クラフト用のラメやホログラムがありサイズ感や粗さが違うので、使い分けていくと良いでしょう。ビーズやスパンコールを入れても可愛いです。光の加減でキラキラと輝くものはアクセントになって可愛さを増してくれます。パール系のビーズは小さいものならネイル用のものもあり、ネイル用だと穴があいていないのでおすすめです。

押し花を封入するのはかなりおすすめです。レジンの透明感で艶が増し、とても綺麗な作品を作ることができます。サイズは小さいですが100円ショップでも取り扱われているのでチャレンジしやすいですが、花びらが破れたりしないように取り扱いには注意が必要です。押し花を購入する際は、サイズや形にバラつきがあるので少し多めに購入しておくと良いでしょう。花びらなどを入れても可愛いですが、水分の含むものは劣化や変色を早める場合があるので注意してください。

この他にも。貝殻や折り紙などの紙類、布、ネイルシール、マスキングテープ、石、造花、毛糸などクラフトで使えるものはレジンに使いやすく入れやすいものが多く揃っています。これらは全て100円ショップでも取り扱っています。

〜日常にあるもの〜

日常にあるもので、人気のあるアイテムは卵の殻です。捨ててしまう卵の殻ですが、そのまま使っても良いですが色をつけて封入するとタイルのようになってとてもお洒落で可愛いです。

他にも、ネジや釘や機械製品の部品を入れても良いです。カッターの刃を入れている作品もありました。機械の部品のようなパーツが手芸屋さんや100円ショップなどでも販売されていますが、本物を閉じ込めた方がリアルな仕上がりになるのでおすすめです。日常で持て余しているものや木くず、折れたえんぴつの芯、糸くずなどゴミにしてしまいがちのものを入れてみるのも一味違った作品を作ることができます。

〜作ったパーツ〜

もともとあるパーツを使うのも良いですが、パーツもオリジナルで作って封入することもできます。プラ板を使えば、好きなイラストをレジンに閉じ込めることができますし、完全オリジナルパーツなので、型に合わせたサイズにするなどサイズ調整もできるのが魅力です。プラ板も100円ショップで取り扱っているので安価で作ることができます。

樹脂粘土を使ってフルーツやスイーツを作って閉じ込めるのも人気があります。本物のドライフルーツを封入している作品もありますが、乾燥しているとはいえ少なからず水分が含まれています。水分のあるものを封入すると、レジンの中で腐ってカビが生え変色し衛生面的にもよくないのでフルーツやスイーツを封入したい場合は樹脂粘土で作るか、スイーツデコ用のパーツを入れるようにしましょう。

このように思いがけない意外なものも使ってみるとおもしろいので、是非いろいろなものを入れてみてください。

レジン  レジン