レジンに使うUVランプを太陽光で代用する際のメリット・デメリット

UVランプ

レジンクラフトにUVランプは絶対必要?

レジンクラフトに使う、レジンは樹脂でできており、これを固めることで様々なアクセサリーや小物を作ることができます。レジンを固めるためる方法の一つとして、UV(紫外線)を当てて固める方法があります。

もちろん、『紫外線』なので、太陽光でも作成は可能です。しかし、固める時間の短縮や、雨の日、夜など作業時間に捕らわれずに作ることができるため、やはり「UVランプ」はやはり必須なようです。

UVランプは、レジンクラフト、そしてネイルなどの人気と共に、様々な価格のものが、様々なメーカーから販売されており、1200円ほどのものから10000円前後のものまであります。

でも、レジンを始めるためのコストは少しでも抑えたい

今では100均でも揃えることができるレジンクラフトの材料。なのにこのUVランプだけがなんだか割高な気がしてなかなかレジンクラフトを始められない!と言う人も多いと思います。そこで、UVランプを使わなくても、レジンを固められる方法はないかと模索されている方もたくさんいらっしゃいます。

その中でも、一番UVランプの代用とされている、「太陽光」。自然に降り注いでいる紫外線をレジンクラフトに使わない手はありません。この太陽光を代用してレジンクラフトを作成しようとした場合、どんなメリット、デメリットがあるのかを記載していきます。

UVランプの代用として、太陽光をレジンクラフトの硬化に使用した際のメリット

・費用が掛からない・

太陽光を代用して、レジンを固める際の最大のメリットです。

UVランプを選んで、お金を出して購入して、電球が切れたら交換する。この必要がないので手間も省けます。

・一度に作れる量、大きさが限られないこと。・

UVランプの場合、ランプの中に入れられる大きさ、個数が限られます。その為、少し大きなものを作りたい場合や、一度にたくさん作りたいときにはUVランプ一台では足りないなどの不具合が生じます。

太陽光で固める場合は、日向の面積に応じますが、絵画のように大き目のものを置いて固めたり、何個も一度に置いて固めることもできます。

 UVランプの代用として、太陽光をレジンクラフトの硬化に使用した際のデメリット

・UVランプに比べると時間がかかる・

UVランプの紫外線量に比べると、地上に降り注いでいる紫外線はレジンクラフトに使うには弱いため、時間が必要です。真夏のとても晴れた日などは比較的早く固まりますが、曇りの日や雨の日、季節によってはもっと時間がかかったり、うまく固まらないこともあります。

・埃が付かないように注意しなくてはいけない。・

先に述べたように、太陽光をUVランプの代用とした場合、時間が必要です。その間、ベタベタと粘性のあるレジンに埃が付かないように工夫しなくてはいけません。例として、透明なケースで覆う、ラップでピッタリ、きれいに包むことなどです。

・天気に作業できる時間を左右される・

当然のことながら、太陽は季節によっても、天候によっても地上に降り注ぐ量がいつも同じとは限りません。特に寒い地域に住んでいる場合は冬場には作業が難しいなど、安定してレジンクラフトを作ることができるわけではありません。また、梅雨の時期など、湿度の高い時はレジンを硬化させるには向いていません。

太陽光をUVランプの代用にする場合には上記のことを理解した上で。

以上のように、太陽光をUVランプの代用としてレジンクラフトを作ることはできますが、メリットもデメリットもあります。その為、デメリットを補うための準備はそれなりに必要になります。うまくそのデメリットを理解し、太陽光でレジンクラフトを作る方が自分に向いている、という方もいるかもしれません。作るものや環境によって、UVランプを使うのか、太陽光で代用するのかを選んで、ぜひ楽しいレジンクラフトライフを送ってくださいね。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です