レジン液が布や和紙、折り紙に染みてしまう紙染みを防ぐ方法

手作りピアス

和紙や折り紙にレジン液が染みてしまった場合

折り紙や和紙は色々なデザインや柄がプリントされていてお洒落で可愛い上に枚数や種類も多く取り扱われています。とくに和紙は、独特な質感と柄が楽しめますし和物をつくるには欠かせないアイテムです。しかし、折り紙や和紙はレジン液に浸すと紙に液が染み込んで背景が透けて模様だけ浮き出てしまったり、紙に液が染み込んだことにより色が全体的に暗くなってしまったり、ミール皿の背景が溶けてしまったりします。では、どのように封入すれば良いかレジン液が折り紙や和紙に染み込んだり透けてしまうのを防ぐ方法をご紹介していきたいと思います。

紙類はコーティングしてから封入する

折り紙や和紙はレジン液を流す前にあらかじめコーティングしておけば紙にレジン液が染みることを防いでくれます。紙にレジン液が染みないようにする対策はいくつかあるのでご紹介していきます。

●ボンド●木工用ボンドなど乾いた時に透明になるボンドを使用してください。ミール皿にボンドを塗り背景にしたい紙を直接ミール皿に貼り付けます。ボンドが乾いたら、紙の上にボンドを塗り乾燥させます。ボンドを塗るとき、筆などで均等に伸ばしてあげると凹凸がなく綺麗にしあがります。

●両面テープやセロテープ●封入したい紙をあらかじめセロテープや両面テープで挟み込みそのまま封入してしまいます。その際、封入したい紙はモールドやミール皿などの型よりも少し小さめに切っておき、セロテープや両面テープで挟み込んでコーティングしたら型にぴったりのサイズになるようにしておきます。紙を表面だけでなくサイドまでコーティングしないと隙間からレジン液が染みてしまうので気をつけてください。

●デコパージュ●デコパージュは布やプラスチックなどに紙を貼り付けることができるものです。100円ショップでも取り扱われています。封入したい紙をあらかじめデコパージュを塗って乾燥させるだけで、封入しても紙にレジン液が染みなくなります。塗るときは筆を使うと綺麗に仕上がります。

●ジェッソ●画材メーカーのリキテックスが取り扱っている商品で、主にアクリル絵の具などの発色をよくするための地塗り剤になります。ミール皿に下地として塗り、その上にジェルメディウムを塗った紙を入れ、上からジェルメディウムを流し乾燥させます。

●ジェルメディウム●こちらもアクリル絵の具などに使うつや出し盛り上げメディウムです。ジェルメディウムは封入したい紙にあらかじめ塗っておきます。ジェッソとジェルメディウムを併用して使うと紙へのレジン液の染み込みを防いでくれます。

●デコラージュコート●レジン液の染み込み防止用の専用の液です。紙だけでなく布にも使えます。レジン液が染み込んだことによる透けや変色を防止してくれます。

まとめ

紙だけでなく布も同様、レジン液が染み込むと色が暗くなったり透けたりしてしまいますが、これらの方法を使えば防ぐことができます。専用のものもありますが、身近なものでも十分代用が効きます。これらの手間を省いてしまうと、せっかくの作品や色、柄が台無しになってしまうので一手間を加えて素敵なレジン作品を作ってください。

レジン  レジン